医療への取組み

   小児心臓外科は主として先天性心疾患を対象に外科的治療を行う診療科です。対象は新生児から成人までと幅広く、成人期での再手術も行っております。埼玉医科大学開学以来、小児心臓外科は心臓血管外科内の1チームとして診療を重ね、その疾患の特殊性から平成16年に診療科として独立しました。
平成19年4月からは国際医療センターへ移転し、心臓病センターの一員として診療にあたっています。設備の整った国際医療センターに移ってからは小児心臓疾患専用のICUも備え、手術症例数も著しく増加しております。屋上にはヘリポートを備え、緊急時あるいは遠方からの搬送にも対応しております。
埼玉医科大学国際医療センターは小児心臓外科が独立した科として診療を行っている国内でも数少ない大学病院です。先天性心疾患に対する外科治療は小児心臓外科単独では不可能であります。小児心臓科、小児心臓麻酔部門、画像診断科、MEサービス部、小児病棟や手術室の看護師の皆さんとのチーム医療無くして成立しません。埼玉医科大学国際医療センターは横の連携を密にすることが可能な体制が整っており、まさに“チーム小児心臓”として、いつでも、どのような疾患にも対応できる体制を整え、日夜診療に当たっています。

<緊急を要する患者さんのご紹介・ご相談は>
小児心臓 ICU 042-984-4797(直通)へお電話下さい。

<一般外来>

当院を初めて受診される際は、紹介状をご用意の上、予約をお取り下さい。
予約センター電話番号 042-984-0474

■埼玉医科大学国際医療センター/小児心臓外科
〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1
TEL 042-984-4111(番号案内)

アクセスはこちら